スタートアップへの転職前後での、年収、自由度、家庭等の変化のリアル

はじめに

  • 年収も下がりそうだし、色々とリスクも高そうだし、何となく敷居の高いスタートアップ転職。
  • でも、大企業からスタートアップ転職を経験した101人の実態を見ると、あなたが気にしている不安やリスクはそこまででは無いのかも。
  • お金よりリスクより、重要なのは「自分に合っているか否か」。まずはスタートアップ転職について知る・考えてみることをはじめてみてはどうか。

この記事のサマリー

  • 大企業からのスタートアップ転職は年収が下がってしまうことも少なくないが、その事実を踏まえても転職を後悔している人はほぼいない。
  • 約9割がスタートアップ転職によって、仕事の楽しさ・自由度が大幅アップ。スタートアップ転職にとても満足している人が圧倒的多数。

スタートアップへの転職を後悔している人は
101人中たった1人

大企業人材にとって、スタートアップへの転職は色々とリスクを感じるかもしれない。

1

転職活動を振り返って、
スタートアップに転職したタイミングついて

しかし、実のところスタートアップへの転職を経験した101人に聞いたところ、「スタートアップに転職しなければよかった」と考えている人は101人中、1人であった。大多数である転職してよかったと回答している人のコメントとしては、

「転職について後悔をしたことがない。自分の周りでスタートアップに転職した友人もほとんどが同意見。」

(30代、大手化学系→バイオテックスタートアップ)

「自分が会社を支えていると本気で思えるようになり、やりがいがある。

(30代、大手IT企業→エネルギー系スタートアップ)

スタートアップ転職者の約9割が仕事の
自由度・楽しさが向上

2

大企業からスタートアップに転職して、
変化があったもの

さらに、スタートアップ転職者9割以上 はスタートアップ転職によって仕事の自由度・楽しさが高まっているという。肯定的な意見として、

「スタートアップは、働き方の柔軟性が効くのでワークライフバランスを取りやすくなった

(30代、大手人材→ハードウェアスタートアップ)

「仕事も、一緒に働く人も自分で選べるようになり、充実感が増した。

(30代、大手IT→ITサービススタートアップ)

「大企業では承認のために多くのステップ・時間を費やすがスタートアップではそんなことはなく、会社・上司都合などといったことに忖度する必要がない

(40代、大手製造メーカ→コンピューター・ハードウェア系スタートアップ)

一方でスタートアップで働くことについて、向き不向きがあるというリアルな意見も。

「自分にとってスタートアップでの仕事は非常に充実しているが、受動的な人やネガティブな人には向いていないと思う

(40代、大手ITサービス→ITサービススタートアップ)