スタートアップへの転職者が語った大企業に居続けることへの危機感

特に30代では「もっとはやくスタートアップに
転職すればよかった」という

30代は、大企業で一通りの業務を経験し、組織の中核となりつつある頃であろう。仕事のやりがいも大きくなっている頃である。

3

スタートアップに転職したタイミングについて、
もっとはやく転職すればよかったという人の割合 (年代別)

スタートアップへの転職者が多い年代でもあるが、他の年代に比較して「もっとはやく転職すればよかった」という人が多い。20代の若いうちから飛び込みたかったという声も聞かれる。

「ゆったりとした大企業とは別に、世界は動いていた。自分は世界の重要な流れに乗り遅れていたので、キャッチアップすることに未だに苦労している。もっと早い時期から世界を見渡す視野を持っているべきだったと感じている。

(30代、大手製造業→エネルギースタートアップ)

「給料が気になるのであれば、大企業に留まったほうが良い。平均的な期待値は大企業のほうが高いと思う。ただ、世の中や自身に停滞感を感じているのであれば、一度は飛び出したほうが良い。人間は、自分が体験したことからしか学べない。

(30代、大手IT→モビリティスタートアップ)

大企業には大企業の良いところがある。スタートアップにはスタートアップの良いところがある。これは大企業からスタートアップに移った先人たちの声であり、それが万人に共通する価値観ではない。ひとつの考え方ではあるが、大企業からスタートアップへ移るというキャリアを選択した先人たちは、転職前のキャリアに、さまざまな危機感を感じていたようだ。自分自身のキャリアを、一旦立ち止まって、考えてみてはどうだろうか。

COLUMN

大企業の中間管理職は、
重要でない仕事にたくさんの時間を割いている!?

野村総合研究所が実施した、大企業の係長・課長・部長級を中心とする中間管理職を対象にしたアンケート調査がある。そこでは、多くの中間管理職が、本来マネジメントとして発揮すべき組織管理、リーダーシップ、柔軟な指揮といった役割よりも、実際に部下と同様の立場で行う生産活動や、事務処理に対してより多くの時間を割いているという。特に事務処理については、最も多くの時間を割くとともに、相対的には、それが最も重要な業務であるとも認識がされている。本来必要になるマネジメント業務よりも、プレーヤーとしての業務に時間と重きを置かざるを得ない状況は、日本の中間管理職が抱えている大きな悩みを表しているとも思える。

2017年10月 野村総合研究所 大企業における中間管理職層に対するアンケート調査

2021年5月大企業からスタートアップへの転職経験に関する調査